ととのうみすと 白くならない

ととのうみすとの液体が白くならない4つの理由

透明だったのに、こんなに白く濁る!


期待しながら「ととのうみすと」を使ってみたのに、あれ?なんで??


そんなあなたが「ととのうみすと」を使っても液体が白く濁らない理由を4つ、私なりに考えてみました。


1.もともと毛穴や肌が汚れていない

もし、あなたが毛穴や肌のケアを毎日しっかりしているなら、もともとキレイで白くなるほどの汚れがない可能性があります。


毎日のケアとは違うタイミングで使ってみたり、ケアの間隔を変えて試してみては?


2.使用量が不足している

使用量の目安は、比較的汚れの少ない朝は約5プッシュ、一日の終わりである夜は約10プッシュ。吹きかけた後は、約1分ほどそのままで。


顔全体にまんべんなく吹きかけるので、目安の量で足りない場合は多めに使いましょう。


3.毛穴が閉じた状態で使用している

毛穴が閉じた状態だと、「ととのうみすと」がうまく浸透せず、効果がでない可能性も。


できれば入浴後や蒸しタオルを使うなどして、毛穴が開いた状態で「ととのうみすと」を使うのが理想的です。


4.毛穴の原因が皮脂汚れではない

たとえばメラニンが原因の黒毛穴や、たるみによってできた毛穴の場合は、「ととのうみすと」だけでは解消できません。


美白ケアなど、皮脂汚れとは別の肌対策が必要になるでしょう。


どうでしたか?


もし心当たりがあるようなら、再チャレンジしてみてくださいね。


⇒ トップページへ戻る

page top